ビジュアルDI

薬剤師が行う講演会や学会発表などで使用したスライドの一部、CloseDi独自のビジュアルコンテンツが共有できるシステムです。

 

なぜ作った?
近年、地域包括ケアシステムの構築に向けた、地域における総合的な活動が薬剤師には期待されています。これは厚生労働省が平成28年度の調剤報酬改定において、かかりつけ薬剤師指導料及びかかりつけ薬剤師包括管理料を新設したことからも明らかです。かかりつけ薬剤師指導料及びかかりつけ薬剤師包括管理料を算定するには「医療に係る地域活動の取組に参画していること」が必要であり、具体的には地域の行政機関や医療関係団体等が主催する住民への説明会、相談会、研修会等への参加や講演等の実績などが該当するとされています。
このことから薬局薬剤師は以前に比べて地域住民や他職種などにおける講演会の開催が増加していると考えられます。しかし、同時に業務量が増加するため、これらを効率化をすることが重要です。
中でも講演会の資料作り、スライド作りなどは大幅な時間がかかると思われます。そこで、今回新しく構築したビジュアルDIはスライド、資料などの一部を共有し、さらにそれを自己流にアレンジを加えることでスライドを作成する時間を短縮できると考えられます。